So-net無料ブログ作成
検索選択
お得な知識 ブログトップ

社会保険料が下げられた!健康保険と厚生年金保険! [お得な知識]

会社員の皆さま
10月のお給料から社会保険料が変更になっている方もいるのでは[exclamation&question]

私は月に2万円も上がりました[むかっ(怒り)]

えぇぇぇぇぇ[ー(長音記号1)]
うそでしょ[exclamation×2]

冗談抜きで会社で叫びましたよ。
固まりましたよ[がく~(落胆した顔)]

だって2万円って。
年間でどれだけ。

えぇぇぇぇぇ[ー(長音記号1)]

という事で、調べまくりました。

だって黙ってはいられません。

そもそも何ゆえこんなに上がったのかと言えば。
保険料の計算の仕方が原因です[exclamation]
毎年4月から6月の3ヶ月の給与の平均で10月から納付する保険料が
決まるわけです。
なので、毎年変更となっているわけですが。
こちらの給与には当然、残業代も入っているわけです。

私の仕事の繁忙期が今年は計算月の3ヶ月にダダかぶりだった
からです[exclamation×2]

そんな訳で年収にほぼ変化はないのに、
計算月の3ヶ月に働きまくったおかげで保険料のみアップ。

あぁ。
そんなのただの損。

誰か助けてくださいっっ

泣きながら[もうやだ~(悲しい顔)]調べたところ、ありました。

ありましたよ。下げられる方法が[るんるん]

というかそりゃそうですよね。
だって毎年計算月だけ忙しい方だっているはず。
それのみで計算されたら本当にひどい。

そもそも保険料には等級というものがありまして。
等級は3ヶ月の標準月額報酬で決まります。
全国健康保険協会のサイトに都道府県ごとの保険料額表という
ものがあります。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h28/h28ryougakuhyou10gatu
こちらの表の報酬月額という欄を見ます。
自分の3ヶ月(4月から6月)の給与の平均額が当てはまる所を見ます。
その左側が自分の標準報酬月額で、そのまた左の数字が等級です。

保険料を下げるには年間の標準報酬月額と計算月(3ヶ月)の
標準報酬月額の間に2等級以上の差があることが必要です。

ちなみに年間とは昨年の7月から今年の6月までの1年間です。
この7月から6月までの1年間の給与の平均額を報酬月額で見て
等級を割り出し、計算月(3ヶ月)の等級と2以上の差があればOKです。

例えば、計算月で割り出した等級が5で、年間で割り出した等級が
3だった場合はOKなのです。

私は当てはまりましたので、会社の人事部に相談し、書類を作成して
申請を出しました。

知らないとこの保険料を1年間払い続けていたわけで。
調べて本当に良かったです。

ただし、人事部に言われましたが、標準報酬月額は
今後給付金や年金を受け取る際に元になるものなので
一概に下がったほうがいいとは言えないそうです。
確かに給付金等を受け取る際には高くいただきたい。
なんて。。

けれど私は年間の生活費の方が大切[exclamation]
という事で申告してもらいました[グッド(上向き矢印)]
会社も安くなったほうが、払う保険料が下がるのでいいですもんね。

という事で一つ知識が増えました。
これからもこういう情報は増やしていきたいです。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
お得な知識 ブログトップ

スポンサードリンク